男性

退去時のトラブルを防ぐ|最低限に抑える原状復帰のポイント

賃貸物件のトラブル防止

笑顔の作業員

退去時トラブルを防止する

賃貸物件で退去する際に、原状復帰が契約内容にある場合がありますが、原状復帰の概念を正しく理解していないとトラブルの原因になります。建物は住んでいてもいなくても経年劣化によって価値が減少していきます。貸主はそれに対して借主に請求する事は出来ず、貸主側が費用を負担して修復する必要があります。経年劣化や通常の使用による損耗や傷などの修繕費は、毎月の家賃の中に含まれているとされる為、貸主が費用を負担するのが原則とされています。壁に穴を開けた跡や家具を設置した際のカーペットのへこみ、またクロスや畳などの自然による色の変化が該当します。借主はタバコによる畳の焦げや、荷物を動かす際に出来た傷やへこみなどは責任を持って費用を負担しなくてはなりません。

現状に復帰する事

賃貸物件で店を開く際に自分の好みに店の内装を行うのは自由ですが、退去の際に原状復帰しなくてはいけない事を忘れてはいけません。窓ガラスを外から見えないように曇りガラスに交換したという場合、次の借主にとってメリットがあるので原状復帰しなくても良いような気がしますが、ルールはルールで元に戻さなくてはいけないのです。インターホンがカメラ付ではない為、自費を出してカメラ付きにした場合も同じで、次の借主のメリットになっても原状復帰として元に戻さなくてはいけないのです。この様な場合、取り付ける際にあらかじめ貸主側に一言添えて相談し退去の際に戻さなくても良いかの確認をしておくと、退去時のトラブルを回避する事ができます。

現状を回復させる

工事現場

物件が破損した状態で契約者が撤去する時には物件が価値が下がります。そこでこういう時は現状復帰工事をすることになるのです。こうすることで物件の価値を維持できるので、特に不動産屋に人気のあるサービスと言えるでしょう。低価格で行っているところもあれば、飲食店の解体まで請け負っているところまであります。

Read More..